すのこベットを利用して快適に気持ちよく眠ろう

ベッド

選び方

通気性が高く清潔を保てると近年注目されているすのこベッドですが、通常ベッド同様に選び方が存在します。
まずはすのこベッドの材質です。
この材質には様々な材質があり、ヒノキや桐、すぎやパイン材などがあります。
材質によって価格が大きく異なり、また若干ながら湿気の吸湿効果も異なります。
より高級なものがいいのならヒノキのすのこベッドという選択肢もあります。
また日本古来からよく使用されてきた桐のすのこベッドであれば、より長持ちすることでしょう。
材質によって選ぶ方法もありますが、そもそもあまりすのこベッドに向いていないという使い方もあります。

ベッドの下といえば昔から収納の格好の場所でしょう。
そのためベッドに最初から収納引き出しが備わっている場合もあります。
しかしすのこベッドの場合はこの収納ケースが備わっていないのが一般的で、またそもそも収納に向いていません。
というのもすのこベッドは通気性がよく、また通気先が真下な為湿気が下に溜まりやすいという特徴があります。
通常のベットの場合は真下に通過しない湿気がベッドの床に溜まります。
これがカビの原因になりますが、すのこベッドの場合はカビができにくい代わりに全て放出してしまうためベッド下に収納していた収納物がカビやすい特徴があります。
すのこベッドを使用できる方はそもそもベッド下に収納しないという方になるでしょう。
もしもベッド下の収納が大切という方は一度検討する必要があるかもしれません。